電力自由化

今からでも遅くない、知っておくべき電力自由化について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の事を考えての決断を

電気自由化がスタートしておおよそ1年半が経ちました。
消費者はどの企業とも契約を結ぶことができるようになった為、このメリットを活かすことを考えるべきです。

以前までのように、大手の電力会社と契約を結ばないといけないという訳ではありません。ニーズにマッチしている選択をすることが、電気自由化によってのメリットを活かすことに繋がります。

大切なのは、目先のことではなく、長期的に考えての決断をしないといけないということです。数年先を見据えてニーズにマッチしているかどうかを考えるべきです。

セットプランがニーズにマッチしているかどうか

電気事業に参入してきた企業は、その企業独自の強みを活かしたプランを提供してきています。通信サービス会社であれば、通信サービス料を安くするプラン、ガス会社であれば合わせて割引きになるプラン、などです。

こういったセットプランがニーズにマッチしているかどうかは、生活スタイルによって異なります。生活をする上で絶対に必要になるガスや携帯電話などの料金が安くなるセットプランとなる為、単純な電気料金ではなく、こういった部分もしっかり考慮した方が良いと言えます。この部分についても長期的に考えることが重要になってきます。

今後の企業の伸びしろについて

電気事業はこれから活発化していき、企業同士の競争は激しくなると予想されています。そんな中消費者が考えるべきは、企業の伸びしろについてです。

今の段階で最もニーズにマッチしている企業と契約を結ぶのも一つの手ではあるものの、今後その企業に勝つ為にさらに良いプランでの契約ができる可能性も考えるべきです。これが企業同士の競争の大きな特徴となる部分です。今後の伸びしろを考えて企業と契約を結ぶことは、長期的に見て損をしない為の大きなポイントになると言えます。
自由化がはじまってからしばらくした今こそ、見極めるのにいいタイミングになってきた頃とも言えます。

ライフスタイルを考えて

昼間は誰もご自宅いないご家庭であるのなら、昼間に電気料金が高くなり、夜間に安くなるというプランを考慮した方が良いと言えます。

このプランを選択することによって、よりニーズにマッチしている選択となるでしょう。どの企業と契約を結ぶか考えるのは非常に重要なことです。その上でライフスタイルについても考慮した契約を結んだ方が良いと言えるでしょう。

どの企業も様々なライフスタイルに対応できるようにプランを用意してきます。その企業同士のプランを比較検討し、契約を結ぶことが、電気自由化のメリットを活かすことに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*